子連れおでかけの味方!設置型ベビーケアルーム「mamaro 2」を取材

ブラジルへの海外転勤が延期中、
9歳6歳兄妹を子育て中のママライター、佐々木はる菜です。

はじめましての方は、よろしければこちらをご覧ください☆
「ライター佐々木はる菜プロフィール」

子育て世代の味方!「ベビーケアルーム」って?

外出時の授乳やおむつ替えを、鍵のかかる綺麗な個室で

LEEweb連載の最新記事で書かせていただいた「mamaro」は、1畳ほどのスペースに簡単に設置でき、プライベートな空間でゆっくりと授乳・離乳食・おむつ替えなどができる設置型ベビーケアルーム

画像1

新作の記者発表会にご招待いただき、実際に中に入らせていただくなど体験もしてきました。

90%以上のママが外出を不便に感じている

記事内でも書かせていただいたのですが、実は私、駅のホームで立ったまま授乳をしたことがあります。

抱っこ紐の中にはお腹が空いて泣く赤ちゃん、横にはベビーカーでぐずる長男、駅出口に続くエレベーターは長蛇の列、響き渡る二人の泣き声に向けられるなんとなく冷たい視線…。
片手でベビーカを揺らして兄をあやしつつ、抱っこ紐の付属カバーでうまく隠して立ったまま授乳をしている自分に、「私、こんな公衆の場で何やってるんだろう…」となんだか情けないような悲しいような気持ちになったことをよく覚えています。

そんな私が授乳をしていたのはもう5~6年前のことですが、今でも90%以上のママ赤ちゃん連れでの外出に不便に感じているといいます。

画像2
Trim株式会社資料より抜粋

外出時の授乳やおむつ替えを、鍵のかかる綺麗な個室でできる「ベビーケアルーム」。あの時にこんな便利なものがあれば、もっと赤ちゃん連れのおでかけを気兼ねなく楽しくことができたのに…!

ママ・パパのリアルな意見を反映

ベビーカーも入る!兄姉が楽しい工夫や体重測定も

画像3
Trim株式会社資料より抜粋

全国の駅や空港、サービスエリアや神社などに設置され、これまで22万組の利用があるという「mamaro」

画像5
左上の外部モニターで利用中かどうかがわかり、また、授乳室・おむつ交換台無料検索地図アプリ「Baby map」と連動しているため、アプリを使えば「mamaro」の設置場所や空き状況を確認することもできるそう。
画像4
実際に入ってみましたが、思ったよりもスペースに余裕がありソファもちょうどいい高さ!天井がメッシュで換気が良いことも印象的でした。

ベビーカーごと入ることができる、一緒にいる兄姉が飽きない楽しい工夫、赤ちゃんの体重測定ができるなど、ママ・パパのリアルな意見を反映させた製品で、mamaroを展開されているTrim株式会社の社員さんも子育て中の方が多く、日々小さなお子さんと過ごしているからこそわかるニーズがたくさん反映されていると感じました。
また「All for mom. For all mom.」を会社のミッションとして掲げ、子育て世代が過ごしやすい環境作りを目指している理由もとっても印象的でした。

私自身も、子育てに仕事に家事にと日々忙しいママ達の笑顔がもっと増えるといいなと願うひとり。これからもこういった素敵なサービスをたくさん取材し、ご紹介して行けたらと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました✨
東京の台風は思ったよりもひどくなさそうですが…お気をつけてお過ごしください><

著者プロフィール

佐々木 はる菜
佐々木 はる菜
小学生と幼稚園児の兄妹を子育て中のママライター。人気女性誌のwebサイトでのコラム連載を中心に、国内外のトレンド、暮らしや子育てについて幅広く執筆中。
こちらのサイトでは、未経験&子育て中だった私がどうしてライターになったか、フリーランスママライターの実情やこぼれ話、これから目指していきたい新たな働き方や、現在延期中の海外転勤関連情報などを発信していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です