車輪付きの動かせるタイニーハウス【Tinys】に子連れ旅取材!

横浜・日ノ出町という場所の大岡川沿いの高架下に、「タイニーハウス」と呼ばれる、車輪がついた小さな家が並ぶおしゃれなスポットがあることをご存じですか?

LEE連載の取材で8歳6歳兄妹と共にそのタイニーハウスに宿泊、セブ島親子留学以来久々の旅取材をしてきました。

日本初の「高架下タイニーハウス複合施設」

ホステル+カフェ&イベントスペース+水上アクティビティが楽しめる

今回私たちが訪れた「Tinys Yokohama Hinodecho(タイニーズ 横浜日ノ出町)」は、宿泊施設とカフェ&イベントスペース、そして「SUP」等の水上アクティビティの拠点が揃った、これまでにない場所です。日本ではまだ珍しいタイニーハウスに泊まれるということから注目を集め、2018年にオープンし国内外からじわじわと人気を集めています。

画像1
タイニーハウスに知見の深いYADOKARI株式会社が、日ノ出町エリアの魅力向上と活性化のため京急電鉄と連携し、高架下でタイニーハウスを活用し展開する複合施設。


まるで秘密基地みたい!子ども達は大喜び

宿泊するホステルは3棟あり、それぞれコンセプトとインテリアが異なります。海外で多く見られる、タイニーハウスで移動しながら生活する人々の暮らしをイメージしながら、「旅を日常に、すべての出会いを一期一会のように味わう感覚をこの空間で楽しんでほしい」という想いのもと作られたそうです。

画像2

カフェとホステルを行き来し、部屋の中では二段ベッドを使って様々なごっこ遊びをして盛り上がっていた子ども達。ベッドを登ったり降りたりするだけでも楽しいようで、ずっと賑やかに遊んでいました。

画像4
ベッドの間の仕切りは取り外し可能!お互いの「秘密基地」を行ったり来たりして楽しんでいた兄妹。

地元のこだわり食材を使った料理は絶品!

また印象的だったのがお料理の美味しさでした!

画像3


冬場の名物は「鍋」で、私達はノンケミカルのレモンを使った「発酵鶏塩レモン鍋」をいただきました。「お料理からも横浜のことを知ってほしい」という思いのもと食材にもこだわり、お野菜を始め生産者の方々から直接仕入れた横浜地場のものを使っているそう。

画像5
飲食をするカフェスペースは半野外で換気面も安心。冬場はずらりとこたつが用意されており、その中で温かな鍋を囲んだこともまた良い想い出に。現在はカフェ営業に加え、UberEatsやテイクアウトも行っているそうです。
画像6
我が家にはこたつがないため、またまた子ども達は大興奮!すっかり寛ぐ長男…

エリアの特性を活かし、アートや食のイベントも多く開催するなどTinysにこめられた想いもインタビューしてきました☆

自分にとって本当に大切な暮らしとは?

情報やモノの溢れる日常から離れるひととき

1番印象的だったのは「シンプルな暮らしを通して、本当に大切なものと向き合う時間を」という言葉。

コロナ禍で自分たちの暮らし方に目を向ける方が増えたこと、マイクロツーリズムに注目が集まったことなどから、タイニーハウスを体験したいと訪れる方が増えたそう。

私たちが訪れたのは寒い時期、社会状況もありアクティビティも観光もしませんでした。
でも子ども達はおもちゃもなしに、こたつにもぐったり二段ベッドに登ったりしながらずっと楽しそうに遊んでいました。

私自身も自分や子どもたちの変化を通して、情報やモノの溢れる日常から離れ大切な家族や友人とゆっくりと過ごすひとときを持つ大切さを改めて実感しました。


都内からのアクセスの良さに加え、カフェスペースは半野外、タイニーハウスは家族だけでゆっくり過ごせるということは、この状況下においても嬉しいポイントではないかと思います。

先の見えづらい社会状況が続きますが、少しお出かけができるようになってきた時には是非、タイニーハウスを選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

著者プロフィール

佐々木 はる菜
佐々木 はる菜
小学生と幼稚園児の兄妹を子育て中のママライター。人気女性誌のwebサイトでのコラム連載を中心に、国内外のトレンド、暮らしや子育てについて幅広く執筆中。
こちらのサイトでは、未経験&子育て中だった私がどうしてライターになったか、フリーランスママライターの実情やこぼれ話、これから目指していきたい新たな働き方や、現在延期中の海外転勤関連情報などを発信していきます!