新オープンNEWoMan横浜、「MAISON CACAO」へお祝いに

「MAISON CACAO」は鎌倉発祥のアロマ生チョコレートブランド。「即位の礼」やG20大阪サミット2019、第7回アフリカ開発会議などで各国元首への手土産にも選ばれており、そのおいしさと洗練されたラインナップに惹かれ、以前LEE連載で記事にもさせいただきました。
今回、6月24日にOPENしたNEWoMan横浜に新店舗を出されるとのことでご招待をいただき、初日にお祝いに駆けつけました!

ハイブランド立ち並ぶグランドフロアで、唯一の日本ブランド

◆ラグジュアリーホテルのような雰囲気

新店舗があるのは昨日オープンのNEWoMan横浜で、グランドフロアでは唯一の日本ブランド!ご招待いただき、お祝いにお邪魔してきました⭐️

世界中のハイブランドが並ぶグランドフロアにオープンした新店舗は、MAISON(家)をイメージし設計されたそうで、ラグジュアリーホテルのような雰囲気!

カカオを使用した独自の美しい商品が、まるでアートギャラリーのように飾られていました。

感染防止のためオープン延期になっていたNEWoMan横浜。私の周りでも待ちわびていた友人も多く、さっそく予約して行ったというSNSの投稿もたくさん見かけました♪
しばらくは予約制で入場制限などもするそうで、確かに納得の人の多さでした。

◆定番商品の他、ここでしか手に入らないものも

「即位の礼」などで機内手土産に選ばれたアロマ生チョコレート。
(シャンパン(右下)は、NEWoMan横浜限定フレーバー!)
NEWoMan横浜店先行発売された看板商品、口どけなめらかなアロマ生キャラメル。
その他、人気のビネガーやニブ、ベーカリー、ドリンク、コスメなども!
カカオの原産国コロンビアの伝統技法で作られた銅製のバッグ「VERDI バッグ」。金属を繊維にして作られており、セレブの注目を集めているのだとか。かなり重量感あり!

NEWoMan横浜店のおすすめは?

◆生チョコとドリンクのペアリングサービス

本来18時以降実施なのですが、生チョコとドリンクのペアリングサービスをいただきました。

お酒はなんと、ジンと焼酎をカカオビネガーで割ったもの。私はこちらのビネガーの大ファンなのですが、独特の風味で本当に美味しかった…。


ジンはパッションフルーツ、焼酎はバラのチョコレートとのペアリングをおすすめされましたが、絶妙な組み合わせでした。


キャラメルも口に入れるとふわっと溶けてしまうくらいで、儚く上品な味わいでした。

◆昨日発売!ひんやり口どけなめらかな「生チョコムース」

私はこちらを購入!
即位の礼の機内手土産に選ばれた「生ガトーショコラ」をベースに、暑い日でもすっきり食べられるよう、水分量をあげ、口どけなめらかに仕上げたもの。

「生チョコムース」(税抜2,500円)出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000026789.html
パッケージは、2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の題字を手がけた書家、中塚翠涛氏がデザインされたそう。贈り物にもおすすめ!
箱な度が毎回とても可愛いので、必ずとっておき小物入れなどにしています(笑)
濃厚なのに上品でさっぱり!現在在宅勤務中の夫とお留守番してくれていた子ども達も大喜び☆

「MAISON CACAO」への想い

◆事業の背景に共感

美容と健康に良いカカオの力を活かしたコスメ製品など、チョコレートに留まらない様々な製品があることも印象的なMAISON CACAO。“チョコレートを通して、いつもの日常をより豊かで幸せに。”という想いの元、日本ブランドとして日本人の舌にあわせて作られたチョコレートを販売しているだけでなく、売り上げの一部をカカオの原産国であるコロンビアに寄付し、学校建設や水路開拓などにも取り組まれています。

メゾンカカオ代表取締役社長・カカオディレクター 石原紳伍さん
(出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000026789.html

もともとはチョコレートを食べられなかったというMAISON CACAO代表の石原紳伍さんが、コロンビアで食べたカカオのフレッシュさと、カカオを通して笑顔が溢れる風景に魅せられ、「日本でも、チョコレートで日常を豊かにする文化を創りたい」と、2015年アロマ生チョコレートブランド「ca ca o」(現MAISON CACAO)を創設。

おいしさとサスティナビリティへの強いこだわりからコロンビアに自社農園を持ち、「Farm to Customer」を実現し、今までにないチョコレートの提供と体験をデザインしされています。

実はinstagramがご縁のきっかけ

こちらのブランドとの出会いのきっかけは、PRを担当されている素敵な女性。

実は私のinstagramに興味を持ってメッセージをいただいてからやりとりが始まり、1度お会いしたところ意気投合!昨年末、セブ島親子留学の海外取材が実現したのも、最初に背中を押してくださったのは彼女でした。

公私ともに思い入れの深い「MAISON CACAO」。引き続き家族と大切にいただきたいと思います!

著者プロフィール

佐々木 はる菜
佐々木 はる菜
小学生と幼稚園児の兄妹を子育て中のママライター。人気女性誌のwebサイトでのコラム連載を中心に、国内外のトレンド、暮らしや子育てについて幅広く執筆中。
こちらのサイトでは、未経験&子育て中だった私がどうしてライターになったか、フリーランスママライターの実情やこぼれ話、これから目指していきたい新たな働き方や、現在延期中の海外転勤関連情報などを発信していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です